ふとんのお手入れについて

ふとんの敵は湿気とダニです。
抗菌や防虫、防臭加工を施していても、ふとんの置かれる環境によってはそれらの効果が大きく減少してしまうことがあります。
適切なお手入れをして、ふとんの長持ちと快適な睡眠環境を保ちましょう。

カバーをかけてご使用ください

ふとんをそのまま使用されるとがわ生地が汚れ、傷みやすくなるため、 ふとん使用時にはカバーをかけてふとんを保護していただき、カバーはこまめに洗濯して清潔さを保ってください。

天日干し

長くふとんを敷いたままにしていると、床とふとんの下側との間に湿気が溜まり、カビが発生しやすくなります。
ふとんは天日干しすることで、殺菌効果を得られ、また風を通すことで湿気を取り除き、臭いの定着も防ぎます。
週に一度が理想ですが、月に一度干すだけでも大きく変わります。
干し時間の目安は、カバーをつけたまま、表面2時間、裏面2時間です。
午前10時~午後3時までの日が高く昇っている時間帯が好ましいです。
強くたたくとがわ生地や中わたが傷みやすくなります。
埃などを軽くはたき落とす程度で十分清潔さは保たれますので、どうぞご留意ください。
表面に掃除機をかけることでも、ダニの死滅、除去の効果が得られます。

ふとん乾燥機をご使用の際は説明書に従ってください

ふとん乾燥機は天日干しの手間を省くことができますが、ふとんに使われている素材によって、使用時間などが大きく異なります。
乾燥温度が高くなりすぎると中の詰め物が傷む原因となりますので、ご使用の機器の説明書をよくお読みいただいてからご使用ください。

役割を終えたふとんは

どれだけ良いお手入れをしてどれだけ清潔さを保ったとしても、ふとんは使用するほどに少しずつへたりが生じ、消耗します。
へたってきたなと感じられましたら、羊毛ふとんにつきましては買い替えをお勧めいたします。
買い替えのために古いふとんを破棄される場合は、お住まいの地域によって処分方法が異なりますので、
ご確認の上、適切に破棄いただきますようお願い致します。